生体運動マシナリー図鑑

分裂酵母

2015年09月29日|真核生物, ,

学名

Schizosaccharomyces pombe

スキゾサッカロマイセス・ポンベ

分類

真核生物・オピストコンタ 子嚢菌門 スキゾサッカロマイセス綱

サイズ

長さ;10-14 µm 幅:4 µm

特徴

2分裂で増殖する酵母の一種。細胞自体は動かない。

説明

分裂酵母

全身が多糖でできた細胞壁で包まれている。細胞は円筒形で、両端で伸びて成長し、ちょうど真ん中で分裂する。細胞周期の研究に貢献した。分裂面には動物の細胞とよく似た収縮環というリング構造をつくり、これが縮みながら細胞膜をくびれさせ、さらにその外側からは新たに細胞壁(隔壁)が作られて分裂する。収縮環はアクチンとミオシンというタンパク質を主成分とし、筋肉と同じような仕組みで収縮していると考えられている。

出現場所

最初はアフリカのビールから見つかった。ポンベとはスワヒリ語でビールという意味。これを元にした系統のポンベが世界中の研究室で使われている。植物の表面、樹液などいろんなところにいる。

メモ

好きなもの:グルコース
栄養がなくなると近くの細胞と接合して2倍体となり、減数分裂をして4つの胞子をつくる。この状態で環境が良くなるまで耐え忍ぶ。
親戚のスキゾサッカロマイセス・ジャポニカスは日本でみつかったが、ポンベよりも一回り大きく、8つの胞子をつくる。
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~e060105/mabuchilab/index.html
(学習院大学 柏﨑 隼、馬渕一誠)

ビデオ

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.