KiminiとNovaKidを5つの項目で徹底比較しました!

英会話スクール徹底比較一覧

学研の提供する低価格の英会話スクール「Kimini」と、

アメリカの企業が運営するネイティブ講師の英会話スクール「Novakid」(ノバキッド)。

人気の子供向けオンライン英会話教室である2スクールを、5つの項目で比較してみました。

今回は、オンライン英会話教室を選ぶ際に基本となる

「1.月額料金」

「2.会社の信頼性」

「3.講師」

「4.テキスト」

「5.レッスン内容」

を徹底比較しています。

両社の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらのオンライン英会話教室を選ぼうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「kimini」と「NovaKid」を5つの項目で比較しました!

1.料金で比較 月額の最低料金、料金コースの種類などで比較してみました。
2.会社で比較 運営会社はどのような実績で、信頼性はあるのか調べました。
3.講師で比較 講師の方たちについて調べてみました。
4.教材で比較 どのような教材を使っているか比較してみました。
5.内容で比較 レッスン内容やカリキュラムについて比較してみました。

上記の5つの項目で、KiminiとNovaKidを比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「Kimini」と「NovaKid」を料金で比較!

※税込み価格 Kimini NovaKid
最低月額料金 1,210円(月2回プラン) 10,184円(48週間コース)
最高月額料金 7,260円(幼児プラン) 11,360円(12週間コース)
無料体験レッスン あり あり

単純に「最安値料金」だけ見れば、Kiminiの方が安いです。

ただ「月2回プラン」はその名の通り「月2回」しかレッスンがないので(NovaKidは最低でも「月8回」)、簡単に比較はできません。

同じ「月8回」のプランにすると、

「幼児プラン」で7,260円。

「月8回プラン」で4,840円になります。

またKiminiは講師が全員フィリピン人に対し、NovaKidはアメリカ人などのネイティブ・スピーカーの講師が在籍しています。

さらにNovaKidの運営会社はアメリカの企業なので、円安の影響が多少なりとも関係しているかもしれませんね。

それらの理由も含めて、NovaKidが若干料金が高めに設定されています。

2.「Kimini」と「NovaKid」を運営会社で比較!

Kimini NovaKid
会社名 株式会社Glats Novakid Inc
住所 東京都品川区西五反田 2-11-8 学研ビル US 548 Market St 8291, San Francisco, CA 94104-5401
ホームページ HPはこちら HPはこちら

Kiminiの運営会社は「株式会社Glats」という学研の系列会社です。

住所でも学研ビルになっていますね。

学研といえば70年以上の歴史を誇る教育関連事業と出版事業の老舗。

テキストなどの教材はもちろん、カリキュラムや講師陣など信頼のおける日本の大手企業です。

「Novakid Inc」はアメリカのサンフランシスコに本社を置く、EdTech企業(教育にテクノロジーの力を取り入れた企業)です。

世界約45か国で子供向けオンライン英会話を提供しています。

片や日本の教育分野のトップ企業、片や世界に展開するグローバル企業。

どちらも信頼性のある大手企業なので安心してレッスンを受けられますよ。

3.「Kimini」と「NovaKid」を講師で比較!

Kimini NovaKid
主な講師陣 フィリピン人 ネイティブ
人数 1,300人以上 1,200人以上
特長 40時間に及ぶ講師トレーニングを実施 全員CELTA・TEFL・TESOLまたはTKTの資格を所持

Kiminiの講師は、講師トレーニング用eラーニングを作成し、40時間に及ぶトレーニングを実施しています。

NovaKidの講師は、全員CELTA(国際的な英語教授法資格)・TEFL(英語圏以外の国で英語を教える資格)・TESOL(英語を教えるための資格)またはTKT(英語教授知識認定テスト)の資格を所持しています。

つまりKiminiの講師もNovaKidの講師も、英会話レッスンに熟練した方たちなので安心ですよ。

またNovaKidの講師はアメリカ人・イギリス人を含んだ多国籍の方たちですが、Kiminiはほとんどがフィリピン人です。

フィリピンは英語が「公用語」ですが「母国語」ではないため、ネイティブな英会話を学びたいのであればNovaKidがおすすめです(その分、費用はかかります)。

4.「Kimini」と「NovaKid」を教材で比較!

Kimini NovaKid
テキスト 学研が開発するオリジナル教材 なし
テキスト代 なし なし
特長 教材開発70年のノウハウが満載 インタラクティブなプレゼンテーション

Kiminiの教材は、学研が母体だけあってコースごとに多種多様なテキストが満載です。

しかもレッスン中に先生が画面に出してくれるので、わざわざテキストを購入する必要はありませんよ。

どのテキストも学研の長年のテキスト作りのノウハウが生かされていて、わかりやすいと評判です。

NovaKidではもともとテキストはありません。

公式サイトでも

「ノバキッドでは、教科書やノートはありません。

教材は、インタラクティブなプレゼンテーションです。」

と書かれています。

つまりテキストではなく、スライドやジェスチャー・歌やゲームなどで先生とのコミュニケーションを深めていく…という感じでしょうか。

こういうゲームなら、ちょっとやってみたいですね。

5.「Kimini」と「NovaKid」をレッスン内容で比較!

Kimini NovaKid
最少レッスン回数 月2回(月2回コース) 月8回(12週間コース)
レッスン時間 25分 25分
レッスンの特長 試験対策など目的に応じて140を超えるカリキュラム イマージョンプログラム

KiminiでもNovaKidでも、レッスン時間は25分になっています。

これは公式サイトの説明によると

「お子様が疲れず、教材を学んでいく上で、これは最も適した時間です。」

とのことです。

Kiminiのレッスンは「英会話を体験させたい」といった初歩的なことから「英検に合格したい」「学校の授業や日常生活に役立てたい」といったハイレベルなものまで、お子さんのレベルに応じて好きなコースを選べます。

つまり自分のレベルに合ったレッスンを的確に受けることができるんですね。

NovaKidのカリキュラムの特長は「イマージョンプログラム(教育方法)」です。

先生はお子さんと「英語のみ」でコミュニケーションをとります。

その環境で発音やイントネーション・リズムを身につけて、ネイティブの自然な英会話ができるようになるのです。

ちょっとした「おうちで海外留学」みたいな感じですね。

「Kimini」をおすすめの方はこんな人!

Kiminiオンライン英会話

  • できれば安い価格で、お子さんに英会話を体験させたい方。
  • 学校の授業や受験、英検にも対応できる英語教育をさせたい方。
  • 教育に信頼のできる会社を選びたい方。

最大の魅力はやはり月額1,280(税込)からの始めやすい料金プランでしょう。

しかも長年子供の教育に関わってきた「学研」の英会話スクールですから「受験」や「英検」にも対応していますし、レッスンや教材にも信頼感がありますね。

また「Kimini」には幼児コースから大人のコースまで幅広い年齢層に対応していますので、小さな頃から一貫した英会話教育を受けられますよ。

「NovaKid」をおすすめの方はこんな人!

バナー2

  • オールイングリッシュでネイティブな英会話を学ばせたい方。
  • 「勉強」よりも「遊び」や「ゲーム」感覚で子供に英語をレッスンさせたい方。
  • 全員が「英語を教えるための専門資格」を持っている講師陣のレッスンを受けさせたい方。

NovaKidの一番の特長としては「英語を教えるための専門資格」を保有している質の高い先生から、本場の英語会話を学ぶことができることです。

オールイングリッシュなので最初は保護者さんのサポートが必要かもしれませんが、ネイティブな英会話を学ぶことができます。

それも「勉強」ではなく「遊び」に近いものなので、お子さんも楽しみながら英語スキルを得ることができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は人気のオンライン英会話スクール「Kimini」と「NovaKid」の違いを5つご紹介してきました。

KiminiとNovaKidは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「NovaKid」と「eccオンラインKids」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「NovaKidとeccオンラインKidsを5つの項目で徹底比較しました!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。