生体運動マシナリー図鑑

ロクロクビムシ

2015年09月29日|真核生物, ,

ロクロクビムシ (写真)

学名

Lacrymaria olor

ラクリマリア オロール

分類

真核生物・アルベオラータ 繊毛虫門 リトストマ綱

サイズ

長さ:100 μm (収縮時) 〜 1000 μm (伸長時)  幅:30 μm

特徴

素早く伸び縮みする首を持つ。その首を巧みに動かし獲物を捕らえる。

説明

繊毛虫のなかまであるロクロクビムシはその名の通り首を伸び縮みさせることが出来る。この首は細胞長の10倍程度の長さにまで伸びる。首の先端には口があり、口の周りには長い繊毛が密に生えている。首を伸ばす時、この繊毛を一生懸命動かしている。口から獲物の動きを止める毒を発射することが出来る。毒によって動けなくなった獲物は丸飲みにされる。

出現場所

普段は水中の落ち葉や泥の中に体を隠し、首だけを外に向けて伸ばして獲物を探す。しかし、獲物が何処にいるかまではわかっていないようで、めったやたら色んな方向に忙しく首を動かして獲物を探っている。

メモ

小型の繊毛虫を好んで食べる。首は切れても再生する。たまに首を2つ持つロクロクビムシが現れる。
http://www.sci.u-hyogo.ac.jp/life/biomecha/index-j.html
(兵庫県立大学 梁瀬隆二、園部誠司)

ビデオ

Lacrymariaは細胞長が100μm程(収縮時)の繊毛虫であり、和名をロクロクビムシといいます。その名の通り伸縮性のある首を持ち、これを素早く伸縮させることにより小型の繊毛虫などを捕まえます。この首の伸縮機構についてはほとんど明らかになっていません。

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.