生体運動マシナリー図鑑

F型ATP合成酵素

2015年09月29日|タンパク質, ,

タンパク質名

F型ATP合成酵素

局在

細胞膜

機能

細胞膜の両側に形成されるイオン駆動力を利用してATPを合成する。

構造(説明)

構成因子

・Fo:イオン駆動力で回転するモーター
・F1:ATPの加水分解で回転するモーター

説明

F型ATP合成酵素

F型ATP合成酵素の作動機構は水力発電機に例えられる。水力発電機ではタービンが水の流れによって回転し、回転軸を共有する電気モーターを強制回転させることで発電する。同様の原理で、F型ATP合成酵素では、水力発電機のタービンに相当するFoがイオンの流れによって回転する。また、電気モーターに相当するF1は回転軸を共有するFoによって強制回転させられ、ATPを合成する。(渡邉力也 生物物理(2013)4, 214-215)

メモ

(東京大学 渡邉力也)

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.