生体運動マシナリー図鑑

モービレ

2015年09月29日|原核生物, ,

学名

Mycoplasma mobile

マイコプラズマ・ モービレ

分類

細菌・フィルミクテス門 モリクテス綱

サイズ

長さ : 0.8 μm 幅 : 0.3 μm

特徴

世界最小の微生物 あの細胞壁さえ持たない

説明

マイコプラズマ・モービレは 菌体の片側に突起 すなわち滑走装置を持っていて この滑走装置で 動物細胞や固形物表面などを滑るように動く“滑走運動”を行います。運動のメカニズムは マイコプラズマだけに見られるユニークなもので 菌体の表面に存在するある受容体タンパク質が 別のタンパク質がATPを加水分解することで生じる動きを使って 宿主表面にあるシアル酸オリゴ糖を つかんだり引っ張ったり 離したりしておこります。

出現場所

淡水魚のえらにくっついて炎症を起こすと言われています “Tench”というコイに似たドイツの淡水魚から単離されました 結合対象の シアル酸オリゴ糖は インフルエンザウイルスや ボツリヌス毒素の 標的としても知られる ヒトや動物の細胞表面に必須の構造です。

メモ

親戚には ヒトに肺炎を起こす マイコプラズマ・ニューモニエがいますが  マイコプラズマ・ニューモニエも同じように滑走運動をします。

http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/~miyata/

(大阪市立大学 宮田真人)

ビデオ

マイコプラズマは菌体の片側に装置を形成し,全くユニークなメカニズムで宿主表面を””滑走­運動””します.この運動はマイコプラズマの感染に深くかかわっています.このビデオは,最速種の′マイコプラズマ=モービレ’の運動です.微分干渉顕微鏡でリアルタイムで観察しました.その速さ毎秒4ミクロンに達します.
(登録者 中根大介(学習院大学))

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.