生体運動マシナリー図鑑

トモグラフィー

2015年09月28日|可視化装置, ,

技術名

Electron Tomography

透過型電子顕微鏡

特徴

細菌や細胞内部の構造を3次元で見ることができる。高さ: 1 ~ 13 m (電顕本体)

説明

試料を傾斜できる電子顕微鏡が必要。
解析するためのコンピューターと解析できる研究員も必要。
根気と熱意がある若い研究者を求む!!

原理

原理は病院で診断に使われているCTスキャンと同じ。様々な角度から試料(細菌や細胞)の投影像を撮影し、コンピューターを使って正しい向きに調整します。調整した投影像を逆投影することで、試料の3次元構造を再構築します。数ナノメートルの分解能で撮影可能。細胞内で機能しているタンパク質や、精製することが難しい細胞内のタンパク質の構造を見ることができます。

メモ

好きなもの:500 ナノメートル以下の薄い試料
嫌いなもの:1000ナノメートル以上の厚い試料 (電子線が透過しにくくなるため)。
電子顕微鏡の加速電圧によって電子線の透過率が変化する。

http://bunshi5.bio.nagoya-u.ac.jp/~mycmobile/support/index.html
(大阪大学 川本晃大 加藤貴之)

ビデオ


宮田先生の顔が再構成されるやつ

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.