生体運動マシナリー図鑑

サルコメア

2015年09月29日|タンパク質,

タンパク質名

サルコメア(筋節)

局在

ほ乳類から昆虫に至るまで、あらゆる動物の骨格筋・心筋に存在。

機能

力の発生 (筋収縮)

構造(説明)

サルコメア

サルコメア電子顕微鏡像

構成因子

サルコメア

アクチン

アクチン分子が重合して、細いフィラメント(アクチン線維)を形成する。

 

ミオシン

ATP加水分解エネルギーを用いてアクチン線維上を動くモーター分子。ミオシン分子が重合して太いフィラメントを形成する。

細いフィラメント(アクチン線維)と太いフィラメント(ミオシン線維)が交互に並んでサルコメア構造をとる。

説明

(図・三浦祥子@九大)

サルコメアは、筋肉における収縮の機能上での最小単位です。カルシウムイオン(Ca2+)の存在下で、ミオシンがATPをエネルギー源としてアクチンをたぐり寄せるように引き込み、筋肉を収縮させます。カルシウムイオン濃度が低下すると、アクチンはミオシンに結合できなくなり、筋が弛緩(ゆるむ)します。

メモ

小さな昆虫の羽ばたきからヒトの心臓の拍動まで、生命維持には欠かせない筋肉の収縮は、連なったサルコメアが一斉に縮むことでおこります。筋肉を顕微鏡で観察すると、ミオシンとアクチンが交互に配列して規則正しい横紋(縞模様)がみられることから、横紋筋と呼ばれます。
(宮崎大学 武谷 立)

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.