生体運動マシナリー図鑑

FliT

2015年09月29日|タンパク質, ,

イラスト (FliT)

タンパク質名

FliT

局在

細胞質

機能

FliT

FliDに対するシャペロン

構造(説明)

構成因子

・FliT:フィラメントキャップ構成因子、FliDに対するシャペロン。
・FliD:フィラメントキャップ構成因子。別名HAP2。
・FliI:べん毛蛋白質輸送装置の可溶性構成因子の1つ。Walker type の ATPase。
・FliH:べん毛蛋白質輸送装置の可溶性構成因子の1つ。
・FlhAc:べん毛蛋白質輸送装置の膜内在性因子の1つ、FlhAの細胞質ドメイン。選択的物質輸送を行うためのドッキングプラットホーム。
・FlhDC:べん毛遺伝子発現調節因子。

説明

フィラメントキャップ構成因子、FliD に対するシャペロン。高度に保存された疎水性の溝を形成するコアドメインと、小さな C 末端セグメントからなる。FliT 単独ではホモ二量体を形成するが、FliD 存在下ではホモ二量体構造が解離し、FliD とヘテロ二量体を形成する。疎水性の溝は、 FliT がホモ二量体を形成するための重要な領域となるだけでなく、FliD や他の輸送装置構成因子 FliI、FliH-I 複合体との相互作用にも関与。また、べん毛遺伝子発現調節因子 FlhDC が FliT の別の領域と相互作用する。上記の結合パートナーを、FliT の C 末端セグメントの構造変化により変えることで、時期特異的なべん毛蛋白質の発現調節だけでなく、FliD の FlhAc への運搬と FliI の FliH への受け渡しを行っている。

メモ

  1. T. Minamino, R.M. Macnab, FliH, a soluble component of the type III flagellar export apparatus of Salmonella, forms a complex with FliI and inhibits its ATPase activity, Mol. Microbiol. 37 (2000) 1494-1503.
  2. M.C. Lane, P.W. O’Toole, S.A. Moore, Molecular basis of the interaction between the flagellar export proteins FliH and FliI from Helicobacter pylori, J. Biol. Chem. 281 (2006) 508-517.
  3. K. Imada, T. Minamino, M. Kinoshita, Y. Furukawa, K. Namba, Structural insight into the regulatory mechanisms of interactions of the flagellar type III chaperone FliT with its binding partners, Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 107 (2010) 8812-8817.
  4. T. Minamino,M. Kinoshira, K. Imada, K. Namba, Interaction between FliI ATPase and a flagellar chaperone FliT during bacterial flagellar export,Mol.Microbiol. 83 (2012)168-178.

(大阪大学 福村拓真、南野 徹)

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.