生体運動マシナリー図鑑

FlhAc

2015年09月29日|タンパク質, ,

タンパク質名

FlhAc

局在

細胞質

機能

FlhAc

選択的物質輸送を行うためのドッキングプラットホーム

構造(説明)

構成因子

FlhAc:べん毛蛋白質輸送装置の膜内在性因子の1つ、FlhAの細胞質ドメイン。選択的物質輸送を行うためのドッキングプラットホーム。

説明

べん毛蛋白質輸送装置の膜内在性因子の1つ FlhA の細胞質ドメイン。選択的物質輸送を行うためのドッキングプラットホームになると考えられている。D1,D2,D3,D4 の4つのドメインからなる。D1-D2 ドメイン間で形成される高度に保存された疎水性のくぼみは、フィラメントを形成する輸送基質-シャペロン複合体と相互作用するが、フックを形成するの輸送基質-シャペロン複合体とは相互作用しない。フック形成の際は D4ドメインがこのくぼみを覆うことでフィラメントを形成する基質の輸送を抑制しているかも。また、フィラメント型の輸送基質-シャペロン複合体の中でもその結合親和性が異なっており、これらの親和性の違いがフック、ジャンクション、フィラメントの順序立った形成に重要であると考えられている。

メモ

  1. T. Hirano, S.Mizuno, S. Aizawa, K.T. Hughes, Mutations in flk, flgG, flhA, and flhE that affect the flagellar type III secretion specificity switch in Salmonella enterica, J.Bacteriol. 19 (2009) 3938-3949.
  2. Y. Saijo-Hamano, K. Imada, T.Minamino,M. Kihara, M. Shimada, A. Kitao, K. Namba, Structure of the cytoplasmic domain of FlhA and implication for flagellar type IIIprotein export, Mol. Microbiol. 76 (2010) 260-268.
  3. G. Bange, N. Kummerer, C. Engel, G. Bozkurt, K. Wild, I. Sinning, FlhA provides the adaptor for coordinated delivery of late flagella building blocks to the type III secretion system, Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 107 (2010) 11295-11300.
  4. T. Minamino, M. Kinoshita, N. Hara, S. Takeuchi, A. Hida, S. Koya, H. Glenwright, K.Imada, P.D. Aldridge, K. Namba, Interaction of a bacterial flagellar chaperone FlgNwith FlhA is required for efficient export of its cognate substrates, Mol. Microbiol.83 (2012) 775-788.

(大阪大学 福村拓真、南野 徹)

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.