生体運動マシナリー図鑑

海洋性ビブリオ菌

2015年09月29日|原核生物, ,

学名

Vibrio alginolyticus

ビブリオ・アルギノリティカス

分類

細菌・プロテオバクテリア門 ガンマプロテオバクテリア綱

サイズ

長さ:2 μm 幅:1 μm

特徴

海水中では極べん毛を1本だけ生やしている。泳ぐスピードはとっても速い。

説明

説明:海洋性ビブリオ菌は、食中毒の原因になるコレラ菌や腸炎ビブリオ菌と同じビブリオ属に分類され、魚に感染してビブリオ病を引き起こします。ヒトに対しての病原性は殆どありません。海の中ではキチン質などを分解し、海洋物質の分解サイクルにおいて重要な役割を担っています。海水中では細胞の極に1本の極べん毛を持ち、直線的な前進・後退運動を行います。魚の体表面に付着すると、側べん毛が多数生えてきて、這い回ることができるようになります。

出現場所

海に棲んでいます。海水中では自由に泳ぐことが出来ます。魚の体表面に付着した場合は、側べん毛を用いて這い回ります。

メモ

極べん毛は鞘と呼ばれる膜に覆われており、高輝度暗視野顕微鏡で観察できます。極べん毛はNa+駆動力をエネルギー源とし、最速で1秒間に1,700回も回転することができる高速モーターによって回転しています。一方、側べん毛に鞘はなく、H+駆動力によって回転します。海洋性ビブリオ菌は、環境に応じて2種類の異なる性質のべん毛を使い分けています。

(名古屋大学 小嶋誠司)

ビデオ

 

 

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.