生体運動マシナリー図鑑

黄色ブドウ球菌

2015年09月29日|原核生物, ,

学名

Staphylococcus aureus

スタフィロコッカス・ アウレウス

分類

細菌・フィルミクテス門 バシラス綱

サイズ

長さ:1 µm    幅:1 µm

特徴

水分の多い環境で、集団として広がる動きをする。

説明

黄色ブドウ球菌は鞭毛などの運動のための構造を持たない。低濃度の寒天を含む培地表面において、黄色ブドウ球菌のコロニーは1時間に1センチほどの速度で広がる。このコロニーの広がりには、細胞外に分泌される毒素タンパク質が必要である。

出現場所

健常人の30%の鼻腔内に生息している。黄色ブドウ球菌が鼻腔内にいるからといって、病気になる訳ではない。免疫力の低下や、怪我など、黄色ブドウ球菌にとって好都合な状況が現れた場合に、悪さをする。抗菌薬が効かない黄色ブドウ球菌が病院内に多数出現しており、問題となっている。

メモ

特技 高塩濃度耐性 黄色ブドウ球菌は高塩濃度の環境でも増殖できる。この特技に何の意味があるかは、よくわかっていない。

(東京大学大学院薬学系研究科 垣内 力)

ビデオ

引用: PLoS ONE. 3:e3921. (2008)

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.