生体運動マシナリー図鑑

ゾウリムシ

2015年09月30日|真核生物, ,

学名

Paramecium caudatum

パラメシウム・カウダツム

分類

真核生物・アルベオラータ 繊毛虫門 貧膜口綱

サイズ

ゾウリムシ

長さ:200 µm  幅:50 µm

特徴

体表面に多数生える繊毛を使って遊泳する。

説明

円筒形で前後端がやや細くなった形をしている。前端のほうが細い。中央付近に細胞口を持つ。細胞表面には数千本の繊毛がほぼ均一に生えていてこの繊毛を使って泳ぐ。細胞口付近の繊毛の配置だけは異なり,中へ餌を送り込む水流を発生させる。細胞の前後に星形に見える収縮胞が存在し,これにより細胞内の浸透圧を調節している。動画は5倍スロー再生。

出現場所

水田,池,沼などの淡水の止水域に生息する。

メモ

障害物に衝突するとバックすることができる。外敵に襲われたときなどトリコシストと呼ばれるミサイルのような器官を放出する。
(山口大学 岩楯好昭)

ビデオ

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.