生体運動マシナリー図鑑

ミズヒラタムシ

2015年09月29日|真核生物, ,

ユープロテス (写真)

学名

Euplotes aediculatus

ユープロテス・エディクラタス

分類

真核生物・アルベオラータ 繊毛虫門 旋毛綱

サイズ

長さ:~120 μm

特徴

繊毛が束になった棘毛を用いて、まるで昆虫のように水底を歩く。

説明


ユープロテスは扁平な形をしており、横から見ると腹側に脚のようなものを持っている。これは繊毛が束になって出来た“棘毛”である。口側から尻側(イラスト:右側から左側)にかけて決まった数生えていて、それらを巧みに動かして水底やゴミの上などを歩くことができる。常に一方向に歩くのではなく立ち止まってみたり、反転してみたりとまるで意思を持っているかのような振る舞いをする。しかしながら、単細胞生物なので脳はない。各棘毛間では協調した動きも見られているが、いったいどのように制御されているのか、まだまだわからないことは多い。

出現場所

田んぼやため池などの水底によくいる。水底やゴミの上を歩いているので、採集するときは泥や藻、枯葉などを取って観察すると歩いている姿を見られるかもしれない。驚くと素早く走り去るので、水に衝撃を与えないように気を付けてあげよう。立ち止まってぼけーっとしている姿を見られるはずだ。

メモ

食べ物 小型の単細胞生物。口の周りにも繊毛が生えており、水流を起こして餌を口に流し込む。かなりの大食いで常に餌を吸い込んでいる。その姿はまるでロボット掃除機のようである。
http://www.sci.u-hyogo.ac.jp/life/biomecha/index-j.html
(兵庫県立大学 桐間惇也、園部誠司)

ビデオ

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.