生体運動マシナリー図鑑

クラミドモナス(遊泳運動)

2015年09月29日|真核生物, ,

 

学名

Chlamydomonas reinhardtii

クラミドモナス・ラインハーティ

分類

真核生物・アーケプラスチダ 緑藻植物門 緑藻綱

サイズ

長さ:20 μm(鞭毛を含む) 幅:5 μm

特徴

2本の鞭毛を使って水中を泳ぎまわる

説明

緑藻綱ボルボックス目に属する単細胞緑藻です。2本の鞭毛を人間の平泳ぎのように動かして遊泳します。眼点と呼ばれる赤い点のような器官の近傍に「チャネルロドプシン」と呼ばれる光受容体をもち、光合成に適した光環境を求めて走光性を示します。瞬間的に強い光を受けると、鞭毛の打ち方をドルフィンキックに変換して、短時間だけ後退遊泳します。光合成、鞭毛・繊毛、有性生殖などの研究分野の良い実験材料です。

 

出現場所

池・川・沼などの淡水。
クラミドモナス属のなかには海水性の仲間もいます。

メモ

「クラミドモナスが集まるとボルボックスになる」というのは間違い!これらは近縁の、別の生物です。
(東京工業大学 西牧優太 若林憲一)

ビデオ

ビデオ


遊泳のリアルタイム観察(暗視野顕微鏡)

ビデオ


トラップした細胞の高速度撮影(1/40倍速)

ビデオ


走光性のリアルタイム観察(矢印の方向から光を照射)

ビデオ


光忌避反応の高速度撮影(強い光を受けて遊泳方向を逆転)(1/30倍速)

PAGE TOP

Copyright © 生体運動マシナリー図鑑 All Rights Reserved.